内緒にしてたのに転職することが社内中の噂になった

私自身も、実際にそういった人を見たことがありますけど、これはやはり上手くないですね。「内緒にしてたのに転職することが社内中の噂になった」ということは、どこからか、その話が漏れたということでしょう。あなたは転職を考えているという話を誰かにしましたか?親しい同僚や、同期に話しましたか?それともまさか上司にしたのですか?

雇用対策法・地域雇用開発促進法の改正-産業 : 住田町

いえ、この場合、転職をすることが本当で、上司にその期日を正式に話したというのであれば、非は上司にありますね。あなたが退職することを知っておく必要のある人事部や、上司の所属する事業部の統括管理をする人にだけ話せばよいことですから。



しかし、ただなんとなく、そろそろ辞めて転職したいと考えている程度であるならば、口に出していうことではありません。やはり社内の人間としては、出て行こうとする人に対して、反感は持たないまでも、仲間意識は薄れてゆくものでしょう。それに社内中で噂になってしまっては、「なんとなく転職しようかなぁと思っていた」では済まなくなっている可能性が強いです。

事業主の皆様へ 平成19年10月1日から「改正雇用対策法の施工により募集・採用の際に年齢制限を設定することができなくなりました。|アルバイト・バイト求人情報フロム・エー?ナビ

口は災いのもととも言います。こういう重大なことは、はっきりと意志が決まってから、必要な人にのみ話をするようにしましょう。また、あなたが悪いのではなく心ない上司が口を滑らせてしまったのだとしたら、こればかりはもうどうしようもありません。私でしたら嫌みのひとつでも言ってやるところですが、一度広まった噂を消すことはできませんので、退職する日まで淡々と仕事をおこない、「飛ぶ鳥後を濁さず」の精神でいきたいと思います。